制服についた汚れを落とす|クリーニングのサービスを利用しよう

女性

学生服をきれいにする

親子

制服のクリーニングには、家で洗濯をする方法とクリーニング店に出す方法があります。家での洗濯では、アイロンがけが思いのほか大変になることが多く、その手間をクリーニング店に出すことで、解消することができます。

詳細

ネットで申し込み

ワイシャツ

手間のかかる制服のクリーニングはクリーニング店で行うのがベストですが、仕事や家事で時間が取れずなかなか行けない人も多いのです。しかしネットで申し込める宅配サービスなら、スマホやパソコンでいつでも申し込めます。ネットから予約して袋やダンボールに詰めるだけで運送会社が取りにきてくれます。

詳細

いつも使う服を綺麗にする

ウーマン

制服などのクリーニングを、業者に委託・代行してもらうことができます。業者は、特殊な汚れに対応可能であり、より綺麗に仕上げることができます。これらに加え、汚れてしまった要因・場所などの「詳しい情報を伝える」ことで、より迅速かつ高品質な仕上がりに出来る可能性があります。

詳細

自宅で洗濯できない衣類

ワイシャツとアイロン

汗の臭いも落そう

自宅で洗濯することができない衣類、たとえば学生服や特定の職業で身につける制服などを洗濯するにあたっては、クリーニング店に衣類を出す方が大半です。そういった制服の洗濯の際に利用したいのが、ドライクリーニングだけではなく、ウェットクリーニングも行ってもらえる店舗のサービスです。衣類をクリーニングに出したものの、汗の臭いが落ちないなどと言った経験をしたことがある方は少なくないでしょう。これは主に皮脂などの汚れを落とすドライクリーニングしかしてもらえなかった場合には当然の結果であり、ウェットクリーニングをしない限りは、汗の臭いは落とすことができないのです。ダブルクリーニングや汗抜きクリーニングといった名称で提供されていることが多いため、積極的に活用して制服を綺麗にしてもらうといいでしょう。

手軽な価格帯での利用

このサービスを利用するにあたっては、料金が高額になり過ぎない点も人気の理由になっています。たとえば制服のドライクリーニング料金が千円程度の店舗の場合、料金が倍になるのではなく数百円足すことで、このサービスを提供してもらうことができるのです。何度も衣類をクリーニングに出し、その度に臭いが落ちないなどといったことに嘆くよりも、ずっとコストパフォーマンスに優れた選択と言うことができるのです。またこのサービスは、基本的に腕に自信がある店舗でしか提供されていない傾向があります。店舗で衣類を洗濯してもらったものの、縮んだ状態で返ってきてしまったり、シワシワで返されてしまったなどといった経験があり、店舗選びに失敗したくないのなら、このサービスを提供している店舗を選ぶのがオススメなのです。